びっくり丼!?

  • 2010.12.06 Monday
  • 16:48
お店のお隣には「幸寿司」さんというお寿司屋さんがあります。
そこには「びっくり丼」という名前のメニューがあるのですが
これが本当にびっくりなんです!

まずは写真から
豊富なネタにびっくりです!

具が満載でご飯が見えません!
まぐろ、かつお、エビ、うに、いくら…
贅沢です魚魚魚
食べても食べてもご飯が見えてこない
さすが「びっくり丼」
ネタも新鮮で美味しかったです!

今週はおはなリップ作りのワークショップおはなを予定しており
その試作品を中休み中女将さんに試していただいたのですが
「あんたこれ好きなんじゃない?」と、リップを手に取り
近くにいらしたご主人の唇に付けてあげていました。
ご主人もとっても幸せそうに、ニコニコしながら付けてもらっていました。
傍にいるこちらもハッピーになってしまう、そんな素敵なお寿司屋さんです。

「びっくり丼」も「夫婦愛」も、とっても美味しかったです。
ごちそうさまでしたラブラブラブ

びっくり丼!?

  • 2010.12.06 Monday
  • 16:48
お店のお隣には「幸寿司」さんというお寿司屋さんがあります。
そこには「びっくり丼」という名前のメニューがあるのですが
これが本当にびっくりなんです!

まずは写真から
豊富なネタにびっくりです!

具が満載でご飯が見えません!
まぐろ、かつお、エビ、うに、いくら…
贅沢です魚魚魚
食べても食べてもご飯が見えてこない
さすが「びっくり丼」
ネタも新鮮で美味しかったです!

今週はおはなリップ作りのワークショップおはなを予定しており
その試作品を中休み中女将さんに試していただいたのですが
「あんたこれ好きなんじゃない?」と、リップを手に取り
近くにいらしたご主人の唇に付けてあげていました。
ご主人もとっても幸せそうに、ニコニコしながら付けてもらっていました。
傍にいるこちらもハッピーになってしまう、そんな素敵なお寿司屋さんです。

「びっくり丼」も「夫婦愛」も、とっても美味しかったです。
ごちそうさまでしたラブラブラブ

ジャスミンの咲くお店

  • 2010.05.08 Saturday
  • 15:39

ヴィ・アロームがリニューアルオープンした時にお世話になった自然建材の住まい設計とショールームを国立でやってらっしゃるレインファームさんの軒先のジャスミンが、満開を迎えようとしています。軒先から蔓を垂らし薄紅色のつぼみと可憐な白い花をたっぷりとつけ、行き交う人が立ち止っては思わず感嘆してしまう、それは見事なものです。

こちらはハゴロモジャスミン(Jasminum polyanthum)と呼ばれ、香料を採るために栽培されているスパニッシュジャスミン(Jasminum grandiflorum)や、コモンジャスミン(Jasminum officinale)とは少し違うものになります。とは言いましても、ジャスミン独特の高揚感を伴う美しい香りは健在。お店の方にお話をうかがったところ、最初は小さな苗だったものが8年でこんなに成長したそうです。写真を見ていただくとジャスミンの蔓が伸びていけるように柱が立ててあります。そしてこの柱には自然塗料が塗られているそうです。ヴィ・アロームの床もレインファームさんの自然塗料を使わせていただきました。体に優しく風合いも良く・・・。軒下のジャスミンがこのようにすくすくと育ったのも納得ですね。人と自然が生活の中で共存する。花の美しさだけではなく、そこで暮らす姿も含めたホリスティックな美の存在を感じ、とても幸せな気持ちになりました。(OISHI)


ヴィ・アローム国立ホームページ


ジャスミンの咲くお店

  • 2010.05.08 Saturday
  • 15:39

ヴィ・アロームがリニューアルオープンした時にお世話になった自然建材の住まい設計とショールームを国立でやってらっしゃるレインファームさんの軒先のジャスミンが、満開を迎えようとしています。軒先から蔓を垂らし薄紅色のつぼみと可憐な白い花をたっぷりとつけ、行き交う人が立ち止っては思わず感嘆してしまう、それは見事なものです。

こちらはハゴロモジャスミン(Jasminum polyanthum)と呼ばれ、香料を採るために栽培されているスパニッシュジャスミン(Jasminum grandiflorum)や、コモンジャスミン(Jasminum officinale)とは少し違うものになります。とは言いましても、ジャスミン独特の高揚感を伴う美しい香りは健在。お店の方にお話をうかがったところ、最初は小さな苗だったものが8年でこんなに成長したそうです。写真を見ていただくとジャスミンの蔓が伸びていけるように柱が立ててあります。そしてこの柱には自然塗料が塗られているそうです。ヴィ・アロームの床もレインファームさんの自然塗料を使わせていただきました。体に優しく風合いも良く・・・。軒下のジャスミンがこのようにすくすくと育ったのも納得ですね。人と自然が生活の中で共存する。花の美しさだけではなく、そこで暮らす姿も含めたホリスティックな美の存在を感じ、とても幸せな気持ちになりました。(OISHI)


ヴィ・アローム国立ホームページ


たいやきやゆい

  • 2009.10.23 Friday
  • 20:44
たいやきやゆい10月からヴィ・アローム国立のお店の入り口の前で、毎週金曜日たいやき屋さんの屋台がオープンしました(11:00〜売り切れ)。
毎週たくさんの人が買いに来てとても賑やかです。

オーガニックなたい焼きで、小豆は北海道の北見で自然栽培されたもの、北海道でも大体的に小豆の自然栽培をしているのは3件くらいしかないそうです。またお塩も伊豆大島産の海水100%です。見るからにおいしそうな皮は国産小麦を使用、岩塩も入っていて天然のかたまってる重曹を砕き、パウダーにしてあるものを使用しているそうです。


また、焼き方を見ても、このように1個ずつ焼いているのは珍しく全国で100件あるかないかで、業界では「天然もの」と呼ばれ、まとめて5,6個焼くのは「養殖もの」なんていう呼び方もしているそう。食感はといえば、外側はパリッとサクサク、中はモチモチして香ばしい、といった感じでしょうか・・・おいしくて目の前にあるとついつい毎回買ってしまいます。


私が小さい頃「およげ!たいやき君」という歌が流行り、全国的にたい焼きが大ブームとなりました。私も当時はよくたい焼きを食べていたのでそのたい焼きの匂いが脳裏にあるのか、たい焼きの香りがすると反射的に当時の記憶がよみがえります。嗅覚は電気信号によって脳に送られ大脳辺縁系という記憶や感情と関わりの深い部分に作用するので、小さい頃の記憶がよみがえるのはそのせいかなーなんて思います。視覚による記憶は時間が経つとともに薄れてゆくけれど、香りの記憶というのは何十年たっても、しっかり覚えているのだなーと思いました。

たいやきやさんのご主人曰く「たい焼きは冷めてもおいしいが足を運んで焼きたてのたい焼きを食べに来てください!」とのこと。もし、家に帰るまでに冷めてしまいそうだったら、隣のヴィ・アローム国立に寄って、ゆっくりおしゃべりをしながら焼きたてのたい焼きを食べてくださいね。(MORI)

ヴィ・アローム国立ホームページ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM